海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

コオリナのラグーンとビーチで過ごす休日!夕日が最高に綺麗。プライベートビーチはないので誰でも入れます。ワイキキからの行き方は送迎シャトルバス利用が便利

アラモアナショッピングセンターから車で約30分、途中車の窓から見える景色がウェスタンランドっぽく変わっていった先に、都会の喧騒を忘れてしまうような緑と海に囲まれたコオリナリゾートがあります。

敷地内には、韓国ロッテ主催の有名な大会が主催されるゴルフ場と別荘地、道路には昔荷物を運ぶ列車が走っていた名残の線路が真ん中を走り、反対側にはアウラ二ディズニーバケーションクラブヴィラ、フォーシーズンズリゾートアットコオリナなど高級ホテルが並びます。

また、街の真ん中にはアイランドヴィンテージコーヒーショップを正面に据えて雑貨屋さん、美術画廊、アイスクリーム屋さん、人気のレストランモンキーポッド、最近出来たばかりのエッグスンシングスなどちょっとしたショッピングゾーンになっています。

ワイキキより晴天率が高いらしく、リゾートの一番奥にはマリーナと、その他4つのラグーンが連ね地元のファミリーが休日をゆったり過ごす多くの人の姿が見られます。

コオリナ

コオリナ地区のエントランスのすぐ左手には人気のオプショナルツアー「パラダイスコーブルアウ」会場がありますが、私は残念ながらまだ未体験なので細かいことはお伝え出来ませんが、伝統的な儀式やダンス、ショー、参加型のゲームとビュッフェ形式の地元の料理を楽しむことが出来るそうです。

私のおすすめは「パラダイスコーブルアウ」隣、海岸沿いに並ぶ「パラダイスコーブパブリッチビーチ」から一番先端のマリーナまで続く数々のビーチです。
まだまだ自然の残るパブリックビーチでは野生の亀と出会うことが出来ます。

駐車場がとても小さいので、車で来る時は注意が必要です。

ハワイにプライベートビーチはない

そこから海沿いに岩場を乗り越えて進みますとフォーシーズンズホテルがあります。こちらは小さいビーチになり、少し落ち着いた雰囲気が感じられます。

実はハワイ州はプライベートビーチが認められていないので、宿泊客に限らず誰でもホテル前のビーチでくつろぐことが出来ます。

お隣に進むと1つ目のラグーンに進みますと、そこはアウラ二ディズニーホテルです。
ミッキーは中々海岸沿いまで出てきませんが、賑やかな音楽が響き、結婚式の行われる協会が見えます。
式がある日はビーチまでウェディング姿の2人が出てきます。

ラグーンで遊ぶのも子供中心でカラフルな浮き輪が目に付きます。

2つ目のラグーンは日本人客の少ないコオリナビーチヴィラリゾートホテル前にあります。

さらに進むと3つ目はマリオットのタイムシェアに面しています。マリオットは外国人比率が高く、ビーチで泳ぐ老夫婦も良く見かけます。芝生では滞在者のためのヨガスクールが行われます。

その先のパーク沿いの4つ目のラグーンを超えるとヨットハーバーになります。
4つのラグーンには遊歩道や誰でも使えるシャワー、水道、トイレが整備されていますので、朝と晩はホテル滞在の各国の人々がランニングやウォーキングを楽しまれています。

コオリナ ラグーン

行き交いながら、「ハロー!」「グッモーニン!」と言葉を交わすのも海外旅行でのひとつの楽しみです。
朝日は残念ながら山の方に登りますが、夕日は海に落ちていくので夕陽を見ながらの散歩は格別です。朝から晩は星が出るまでゆっくり自然を楽しめるコオリナの旅です。

ホテルの駐車場はお高いですが、パブリックパーキング、スーパーの駐車場などもありますので、レンタカーを借りた時は足を伸ばしてみると一味違うオアフを楽しみたい方におすすめです。敷地内は無料の周遊バスが出ています。

レンタカー以外のコオリナへの行き方

レンタカーが運転できないという方には、ワイキキから走っているシャトルバスを利用してみてはいかがでしょうか?

普通のバスだと乗り換えなどで長時間の移動になり自力で行くのは結構大変なんですが、このベルトラの送迎サービスを利用すると、コオリナ地区が直通約45分で行くことができます。

朝6:35位にワイキキのホテルまで迎えに来てくれますので、アウラニで朝食も十分可能です。

ワイケレアウトレットへ行くプランや片道だけの利用などのアレンジも可能ですよ。

通常プランだとコオリナで5時間の自由時間が取れますし、ワイケレアウトレットへ行くプランでも2.5時間
の自由時間があります。

便利です!2人目無料などのキャンペーンもよくやってますから是非一度チェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎コオリナ地区送迎シャトルサービス 半日フリータイム付きicon

近い将来、アラモアナショッピングセンターから近くのカポレイ地区まで鉄道が開通しますので、そうなるとさらにコオリナが身近になるかもしれませんね。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】