【口コミ】H.I.S.のハワイ島への日帰りツアーに参加!キラウエアと溶岩ウォークを満喫

26年ぶりの上陸が心配されたハリケーン”レーン”が温帯低気圧になった翌日、16年ぶりにハワイに上陸した。
4泊6日でプリンセスカイウラニホテルに宿泊。
滞在3日目にハワイ島のオプショナルツアーへ参加した。

日本でH.I.S.を通してツアーを予約していたが、今年に入ってキラウエア火山の噴火、さらにハリケーン接近で中止を懸念していた。
しかし、予想に反して今回のツアーは割りと何の問題もなく当然のように催行された。

日本円で約42000円で、早朝4時30分から夜の21時までのツアーである。
朝はホテルに迎えのバスが来て空港まで送ってくれる。
ワイキキ周辺のホテルを順番に回るので集合時間へはホテルによって違う。
まだ寝ぼけた頭で空港に到着すると数時間の待ち時間となる。

朝日がダメでもハワイの青い空を眺めていたかったが、未だハリケーンの影響で曇り空。
最終日までこの天気だったらどうしようと不安になる。

飛行機に乗り、ハワイ島へ約30分で到着。
窓からはハワイ諸島が見えて退屈しなかった。
ハリケーンを形成する雲がぶつかることで弱体化し、何年もハワイ諸島にはハリケーンが上陸しないと言われているほどの高い山も飛行機からなら全景をみることができる。

ハワイ島の空港に到着するとツアーガイドさんが迎えに来てくれる。
まずは半神のマウイがマウイ島を釣り上げたときに飛んできたカケラという神話があるココナッツアイランドへ。
とても小さな島だがパワースポットだそう。

バナナとパンという質素な朝御飯がふるまわれた。
そして、この旅で最も楽しみにしていた溶岩大地へ。

ハワイ島が火山の噴火を経て溶岩が海で冷えて固まった大地であることを感じ、日本では決してできない体験をしているんだなと実感する。
ハワイ島のヒロという街は雨がとても多い街で、他の地域では降っていなくてもヒロを通過するときは必ず雨だと聞いていたが、本当にそうだった。
もうどしゃ降りレベルの雨だった。

ヒロを越え、溶岩大地まで来ると晴天。
真っ黒な大地に日光が反射して、今回の旅行で1番日焼けしたのはここではないか、というくらい日に焼けた。

ウユニ塩湖がどこまでも続く白い大地で遠近感を失うように、ここでは黒い大地で遠近感を利用した面白い写真が撮れる。
大地は固く、溶岩が流れてそのまま固まったような流線状の模様や、木が倒れて溶岩に飲まれ、その後風化し木の形に開いた穴など、とても興味深かった。

車を降りて大地を歩き始めるが、360°見渡す限り黒い大地なのでとても時間が長く感じた。

歩き続けると海まで出て、白い砂浜のない、黒い大地に打ち寄せる波を見ることができる。
ちなみにこのツアーではガイドさんが自前の高そうなカメラで要所要所で写真を撮ってくれる。
私のスマホでも撮ってくれたし、ガイドさんのカメラでも撮ってくれる。
溶岩大地ではその広大さが伝わるようにiPhoneを渡すとパノラマで撮ってくれる。

ガイドさんのカメラで撮った写真は後に高額で売り付けられるかと思いきや、サイト上にアップされどうぞ無料でダウンロードしてくださいシステム。
とても親切でなガイドさんであった。

その後、洞窟や滝を見学しハワイ島の自然を満喫、更にヒロの街と、定番お土産物屋さんを散策し、ツアーの終了となった。

オアフ島でのリゾート感と違い、ハワイ島の自然を目一杯感じることができた。
また、ハワイに伝わる神話も多く今後もっと調べてみたいと思った。
このツアーに申し込むと貴重な日程を1日割かなくてはならないが、それを補って余りある経験ができると断言したい。

ハワイ島でキラウエア火山の溶岩をヘリから見たい!ヘリコプター遊覧飛行ツアーおすすめ・口コミは?日本語ガイド付きは?

2017.07.26

オアフ島からキラウエア火山への行き方!場所は?ワイキキから日帰りで火山観光ができるおすすめツアー

2017.07.04