海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

ハワイ・オアフ島のディナークルーズ 代表的な3つのそれぞれの特徴

日本人にとっても馴染みのあるリゾートであるハワイ。

ハワイといえば海!ですが、ビーチで楽しんだり、サーフィンをするだけが海の楽しみ方ではありません。一度は誰もがあこがれるディナークルーズがハワイでも楽しめるんです!
ダイアモンドヘッドやワイキキに沈む夕陽を眺めながらの優雅なお食事、そして金曜日には花火鑑賞も楽しめたり、運が良ければクジラやイルカに遭遇することも!
そんな素敵な思い出になること間違いなしのワイキキでのディナークルーズをご紹介します。

スターオブホノルル号のディナークルーズ

2017年に改修を終えたばかりのハワイディナークルーズ人気No1のスターオブホノルル号。
エレベーター付きの4段デッキ、ハワイで初めてバリアフリー対応。最大定員は1500名という大型船であり、揺れも少ない特殊設計ですが、船酔いが心配な方には酔い止め薬「ジンジャー・ピル」を無料でもらえるなど、ホスピタリティも充実しています。

ロブスターやステーキなどの豪華なコース料理とともに、本格的なポリネシアンダンスやフラダンスのショー、ジャズ演奏などの様々なエンターテイメントを楽しむことができます。クルーズの終盤にはクルー・ダンサー・乗客全員でのダンスも設けられており、船上で大いに盛り上がること間違いなしです。

展望デッキなどの充実した設備を活かし、ホエールウォッチングなどのツアーも用意されているので、何度目の乗船でも違った楽しみ方ができるでしょう。

▶︎▶︎スターオブホノルル号の詳細はこちら
icon

マカニ号のディナークルーズ

ハワイの風と波しぶきを受けて走る!ヨットセーリングでのディナーが楽しめるマカニ号。

大きな特徴はとにかく海面が近いこと。

大型船では味わえない、この船ならではのスピード感のあるクルージングを楽しむができます。船首にはハンモック状のネット席があり、より爽快感を楽しめる工夫も施されています。

食事はカジュアルなビュッフェ形式で、お食事に無料ドリンクが1杯付いています。

ドレスコードなどもなく、船長をはじめとしたクルーの雰囲気もアットホームでカジュアルな印象です。
小型~中型の船という事もあり、大型船に比べると波の高い日には揺れも想定されるので、不安な方はあらかじめ酔い止め薬などを服用することをおすすめします。

▶︎▶︎マカニ号の詳細はこちらicon

マジェスティック号のディナークルーズ

2016年に就航開始した最新の横揺れ防止装置を搭載した新船です。ハワイで唯一、ワイキキ沖からダイアモンドヘッドの沖合までクルージングが可能のマジェスティック号。

各フロアーが広々としており、高天井やパノラマ展望窓などの船内構造により、開放感のある空間が魅力です。
その日の獲れたて鮮魚を使った料理や、フレッシュな野菜、照り焼きチキンなどをはじめとするハワイ料理中心のビュッフェは日本人もきっと大好きな味です。

食事を堪能した後は、船内のバーで夕日を眺めながら過ごすのもいいですし、カクテル片手に甲板で優雅に過ごすのもおすすめです。もちろん船内では、生演奏やフラダンスなどの様々なエンターテインメントを楽しむことができるので、年齢層関係なく楽しむ事ができます。

▶︎▶︎マジェスティック号の詳細はこちらicon

いかがでしたでしょうか?
一口にサンセットディナークルーズと言っても、それぞれの船によっても個性があり、一緒に行くメンバーや用途によって選んでも良いかもしれません。初めてハワイへ訪れる方も、いつもの過ごし方に飽きてしまったという方も、せっかくのハワイ旅行の際には大切な方と、ディナークルーズでの優雅な時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】